診療科|花輪病院|東京都日野市の内科・消化器・整形外科・腫瘍内科・循環器内科・糖尿病内科

診療科

Treatment
department

診療科

総合内科

  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)、気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、アレルギー性疾患、不眠症などCommon Disease(総合疾患)の診療を行います。
  • 臓器横断的な診断・初期治療を行い、不明熱などの診断困難症例へのアプローチを得意とします。
  • 専門的な治療が必要と判断した場合は、専門医への橋渡しを行います。
  • 具体的にどのような治療が必要かを患者さまへ説明し、専門医の負担を減らし医療を円滑に運ぶように尽力します。
  • 専門的治療の終了後の経過フォロー、治療困難例への緩和ケアを行います。
  • さまざまな臓器に疾患をもつご高齢の方の診療を得意とし、十分な情報と説明を行い、患者さまやご家族さまのお考えや価値観を大事にする診療を心掛けます。
  • また、臓器的なご病気がないにもかかわらず、症状がとれない患者さまの診療も行います。

「よろず相談」に対して真摯に向き合います。どんな些細なことでも仰ってください。お力になれるように尽力します。

腫瘍内科

  • がん診療における総合内科です。
  • 地域における役割として、多くのがん種の診断に精通します。特にメジャーながんと言われる、消化器がん・肺がん・乳がんの予防、早期発見、医療連携、緩和ケアを行います。
  • がんは一般的に高齢者に多く発症します。当初は都心のがん専門病院へ受診していたけど、徐々に足腰が弱くなりなかなか通うのが難しくなるケースもあります。その際には当院のような地元の病院にもかかっていただき、がん専門病院と密に連携をとりながら継続した抗がん剤治療や、治療中の思わぬ副作用の対応、緩和ケアなど一貫した診療ができるようになります。
  • がんの治療を終えた患者さまを継続的に見守っていきます。がんは治ったけど、再発に対して不安を抱くことや、副作用や合併症で悩むことがあり、健康面はもちろんのこと、心理・社会的な問題を抱えている方(がんサバイバー)がいらっしゃいます。その方々が少しでも不安なく健やかな生活を送っていただけるように、予防、経過観察、治療、医療連携を行っていきます。
  • 一般的な生活習慣病も併せてがん診療を診ることで、細やかなケアにつながるように尽力します。

消化器内科

当院消化器内科では胃カメラや大腸カメラといった内視鏡検査を主に行っています。胃カメラでは注射による鎮静も希望次第で行っています。胃がんや胃潰瘍の原因となるピロリ菌のチェック・除菌も可能です。また、大腸カメラではポリープの切除を同時に行うこともできます。その他、おなかの不調に関してどんなことでもお気軽にご相談ください。

循環器内科

ただいま準備中です。

糖尿病内科

ただいま準備中です。

リウマチ膠原病内科

リウマチ膠原病内科では、関節リウマチを中心として診療にあたります。そのほか、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、強皮症、血管炎症候群、炎症性筋疾患(皮膚筋炎、多発性筋炎)、強直性脊椎炎、ベーチェット病などのリウマチ性疾患・膠原病の診療につきましても、可能な範囲で診療にあたります。
関節リウマチについては、治療の進歩が目覚ましく、第一選択薬であるメトトレキサートに加え、生物学的製剤、ヤヌスキナーゼ阻害剤などの登場で、寛解(リウマチが非常に落ち着いている状態)を目指せる時代となっています。当院でもこれら薬剤による加療を調整します。

リウマチ膠原病性疾患は全身に病変がおよぶこともあり、専門的な検査や治療が必要な場合は、リウマチ診療で連携している多摩南部地域病院、多摩総合医療センターや、他の医療機関へ受診していただく場合もございます。
原因のはっきりしない関節痛などがある際には、お気軽にご相談ください。

外科

胆石症、虫垂炎、鼠径ヘルニア、痔核などの良性疾患をはじめ、悪性疾患(大腸がん、胃がん、乳がんら)、いわゆるCommon Disease(総合疾患)といわれる疾患を幅広く扱っています。上記疾患に対して患者さまの年齢、基礎疾患、生活背景などを十分に検討し、他科と連携し、治療方針、適応を決定しています。また超高齢化社会が進む中、超高齢者に対しても体に優しい、侵襲の少ない外科治療を心がけています。

治療内容としては各種疾患に対して従来からの開腹手術、低侵襲の腹腔鏡手術(結腸切除、胃切除、胆のう摘出術、鼠径ヘルニア根治術ら)、内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD、内視鏡的粘膜切開術:EMR)の診療をいたします。
また摂食障害、低栄養に対する栄養サポートとして中心静脈ポート造設術や内視鏡的胃瘻造設術(PEG)、経皮経食道的胃管挿入術(PTEG)を行っています。痔核治療についても結紮切除、日帰りでのALTA療法(痔核硬化療法)も対応可能です。総してCommon Diseaseに対して適当な外科診療を行い、疾患の根治性を損なわず、安心、安全をとどける医療を切に念じ、務めています。

整形外科

骨折、打撲、捻挫などの一般外傷のほか、関節リウマチや痛風などの代謝性疾患に対して加療します。また高齢化に伴う変形性関節症、骨粗しょう症、変形性脊椎症、脊椎管狭窄症などの様々な運動器疾患に対しても骨密度検査やCT、MRIなどの画像検査を用いて、専門的な治療を提供します。なおリハビリの治療も可能です。どうぞお気軽にご来院ください。

泌尿器科

ただいま準備中です。

イラストマップ
googlemap