健診|花輪病院|東京都日野市の内科・消化器・整形外科・腫瘍内科・循環器内科・糖尿病内科

健診

Medical examination

健診

人間ドック

人間ドックは患者さまのご都合に合わせ、各種コースをご用意しています。

Aコース(半日コース) 税込39,960円

朝、来院いただき、昼頃には終了します。ご希望の方には、CT検査をくり入れることも可能です。(大腸造影検査は出来ません。) 

01内科診察

02身体測定、血圧

03視力、色覚検査

04聴力検査

05血液

  • 末梢血液一般(貧血、白血球系)赤血球、白血球、血色素量、ヘマトクリット、血小板、血液像、血沈、血液型
  • 肝機能GOT、GPT、LDH、ALP、γ-GTP、総ビリルビン、A/G比、総蛋白量、コリンエステラーゼ、蛋白分画
  • 腎機能尿素窒素、クレアチニン、尿酸、eGFR
  • 脂質総コレステロール、中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、non-HDLコレステロール
  • 膵機能アミラーゼ<血液・尿>
  • リウマチ系RF、ASLO、CRP
  • 血清検査梅毒、B型肝炎(HBs)抗原、HCV抗体
  • 糖尿病血糖、HbAlc
  • 腫瘍マーカーCEA、AFP、CA19-9、PSAタンデム(男性)、CA125(女性)
  • 甲状腺ホルモンT3、T4

06尿検査

比重、蛋白、糖、ウロビリノーゲン、潜血、沈渣

07便検査

便潜血反応(免疫法)2回法

08肺機能検査

09眼底検査

10心電図検査(安静時)

11胸部レントゲン検査

12肺機能検査

以上①~⑫はいずれのコースも必須検査項目です。

13頭部CT検査⇒オプション検査
税込8,640円

14腹部CT検査⇒オプション検査
税込11,880円

S 半日ミニコース(成人病健診)税込16,740円

ご多忙でお時間のなかなかとれない方や、初めてのドック検査になんとなくなじめない方のために、検査内容をコンパクトにし、基本的なチェックを目的にしたコースです。

01内科診察

02身体測定

03血圧

04視力

05色覚

06聴力検査

07血液

  • 赤血球
  • 白血球
  • 血色素量
  • ヘマトクリット
  • 血小板
  • 血液像
  • 血液型
  • 血沈
  • GOT
  • GPT
  • LDH
  • ALP
  • γ-GTP
  • 総ビリルビン
  • A/G比
  • 総蛋白量
  • 尿素窒素
  • クレアチニン
  • eGFR
  • 尿酸
  • 総コレステロール
  • 中性脂肪
  • HDL-コレステロール
  • non-HDLコレステロール
  • アミラーゼ
  • 血糖
  • HbA1c

08尿

09便潜血反応

10眼底検査

11心電図検査(安静時)

12胸部レントゲン検査

13胃部レントゲン検査(胃バリウム検査)

乳がんドック

乳がんドックAコース(マンモグラフィー+視触診)

平日午前中

乳がんドックBコース(超音波検査+マンモグラフィー+視触診)

土曜日の午前中のみ

費用

乳がんドック Aコース 税込8,400円
(6,300円)
乳がんドック Bコース 税込11,550円
(9,450円)

()内は人間ドックオプションの場合

乳がん健診

日本人女性の20人に一人が乳がんになると言われています。女性のがんの中で一番多いのが乳がんなのです。乳がんと診断される女性は年間約4万人、乳がんによる死亡者数が1万人を超えています。残念ながらこれらは増加傾向にあります。 しかし早期発見し治療すれば、完治する可能性が高いのも乳がんの特徴です。乳がんは初期の段階では症状はないことが多いので是非乳がん健診を受けてください。

乳がん健診について

当院では日野市在住の40歳以上の女性を対象に乳がん健診が受けられます。検査項目は問診・視触診・マンモグラフィーとなります。(日野市在住ではない方、40歳未満の方の場合自費での健診となります)
今年度中に偶数年齢に達する方が対象です。今年度の4月1日から平成30年3月31日までに40歳42歳44歳…70歳のお誕生日を迎える方
※年度中に奇数年齢に達する方でも、昨年度受診してない方であれば受診可能です。

  • 検査期間今年度4月1日(土)~翌年2月28日(水)まで
  • 自己負担金1,500円
  • 受診方法当院では予約制となっております。お手数ですが直接お電話で予約をしてください。Tel.042-582-0061
  • 予約可能日時火曜日・金曜日は午後1:30~3:00迄、土曜日の午前8時30分から11時迄となっております。
    時間の予約はできません、日にちのみとなっております。当日は健康保険証等をご持参ください。
マンモグラフィー

マンモグラフィーは胸部や骨のレントゲン撮影と同じで、乳房にエックス線をあてて乳房内の変化を描出する検査です。乳がんをはじめ、乳房にできる病気の発見に役立ちます。乳房は柔らかい組織でできているため専用の撮影装置を使用します。当施設では日本医学放射線学会の定める使用基準を満した撮影装置を使用しています。

撮影について

はじめに上半身裸になって検査着に着替えていただきます。撮影の時、乳房を前方に引っ張り出し、透明な板で挟んで均一に押しながら撮影します。検査時間はおよそ10分です。

圧迫の必要性

撮影の時、透明な板で乳房を挟むことを“圧迫”といいます。圧迫すると痛みを伴いますが、圧迫することにより乳房内の組織が良く見えるようなり、より細かい病気が発見される可能性が高くなります。また、被ばく線量が大幅に少なくなります。痛みの感じ方は人によって異なりますが、リラックスすることによって痛みが軽減されることもありますので“力を抜いて”検査を受けてください。あまり痛いようでしたら遠慮なくおっしゃってください。

被ばくについて

マンモグラフィーはエックス線を使用する検査ですので、放射線被ばくがありますがとても僅かなものです。具体的には、飛行機で東京とニューヨークを往復する際に宇宙からの自然放射線を浴びる量と同程度のものです。また、マンモグラフィーの場合、乳房だけの部分的な被ばくなので放射線による発がんや白血病などの心配はありません。

胃がんABC健診

胃がんリスク健診(ABC健診)

ABC健診とは、ヘリコバクターピロリIgG 抗体(Hp抗体)検査でピロリ菌感染の有無を、ペプシノゲン(PG)検査で胃粘膜萎縮度を調べ、その結果を組み合わせて胃がんのリスクをA,B,C,Dの4群に分類して評価する健診です。
この検査は、採血検査です。

ヘリコバクターピロリ(H.ピロリ)抗体検査

胃がH.ピロリ菌に感染していないか調べる検査です。
H.ピロリ菌は胃粘膜にダメージを与え、さまざまな病気の引きがねになると考えられています。

ペプシノゲン検査

胃粘膜の老化(委縮)の状態を調べる検査で、胃がん健診にも応用されています。委縮が進んだ胃は、胃がんになりやすいといわれています。

注意事項

以下の場合には正しい結果が得られない可能性がありますので、この検査は不適です。

  • 明らかな上部消化器症状のある方
  • 食道、胃、十二指腸疾患で治療中の方
  • 胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬)服用中もしくは2か月以内に服用していた方
  • 胃切除をされた方
  • 腎不全の方(目安として、クレアチニン3mg/dL 以上)
  • ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療を受けた方(除菌群=Eタイプといわれています)

保険適用ではないため、自費となります。3,800円(税別)

イラストマップ
googlemap